理学療法士/トレーナー 平山 達也のブログ

楽しくテニスをしたいあなたに有益な情報を提供する理学療法士tatsuyaのブログ

コーディネーション

こんにちは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

 

本日は「コーディネーション」について。

僕ら理学療法の世界では、「協調性」という言葉に置き換えられて「特定の動きを行う時に複数の要素がうまく連動して働くこと」と解釈されています。多いのが神経と筋肉が協調して働くといった具合です。

 

しかし、トレーニングの中でのコーディネーションとは少し違います。1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動学者が考案した理論で、コーディネーション能力を7つに分けています。その7つとは

・リズム能力

・バランス能力

・変換能力

・反応能力

・連結能力

・定位能力

・識別能力

で、スポーツ時にはこれらの能力が複雑に絡み合っています。

 

僕ら理学療法士は、動作を観察して分析し、問題点を見つける。というトップダウンでの評価を訓練しています(中にはボトムアップの人もいます)。

〇〇関節がどうこうで・・・。その原因が〇〇筋の筋力低下で・・・。

みたいな具合です。もちろん、動きを見て分析する能力は必須です。

 

僕も始めはスポーツ中の動作を観察し、分析するのって難しい・・・と思っていました。もちろん、今も難しいと思っています。

しかし、上記のコーディネーションの7つを意識して観察すると非常に観察、分析がしやすくなります。

単純にラリーの動きを見て

バランスはどうか?リズムよくステップ出来ているか?踏ん張っている時に足がぐらついていないか?ボールとの距離感は?

など。

 

7つのコーディネーションを少し具体的に。

あくまでも僕の解釈なので、みなさんと少し違う部分があるかもしれませんがご了承ください。

 

①リズム能力

リズム能力は動くタイミングなどをうまく合わせる能力です。音楽に合わせて踊るダンスなどがそうです。テニスでいうと、打球やポジション移動のタイミングを計ったり、ボールを打つまでの細かいステッピングを含めてリズムよく打つことです。

 

 

②バランス能力

体勢が崩れた際に姿勢をうまく保つ能力です。テニスでいうと、コートの外に追いやられてなんとかボールに追いついた時に姿勢が崩れず保ったまま返球できるか、ということです。

 

③変換能力

ある状況に応じて適切な動きで対応すること。臨機応変に対応する能力です。テニスでいうと、コートの外から戻るときの切り返しや、ネットプレーに出た時にロブを打たれてとっさに戻る時のことです。

 

④反応能力

ある合図に合わせて、瞬時に反応する能力。テニスでいうと、ボールや相手の位置などを把握して適切に反応すること。ドロップショットを打たれたときの反応の速さや、リターンの際の反応のことです。

 

⑤連結能力

身体を無駄なくスムーズに動かす能力。また、各関節の動き等の機能性(骨盤/腰椎の連動性や肩甲骨と上腕の連動性など)も含めると解釈しやすいです。テニスでいうとラケットを振ったり移動する際の動きのスムーズさ。各関節の連動性。バランスに近いところがあります。

 

⑥定位能力

物や人の位置関係または距離感を適切に掴む能力。テニスでいうと、スマッシュの際の落下点に入れるか、打点の位置、ストロークの際のボールと自分との距離感(実際に距離を合わせるのは細かいスッテプワークも必要になるので、リズム能力と一緒に評価します。)。ストロークが安定している、一定の打点で打てるという人は、リズム能力に加えてこの定位能力が長けているのかもしれません。

 

⑦識別能力

視覚情報と連結して物をうまく使う能力。テニスでいうと、相手の位置とボールを動きを判断して適切な位置にボールを返球することや、常にスイートスポットでボールを捉えるといったことになってきます。

 

以上7つがコーディネーションの考え方です。

みなさんも、自分やお子さん、サポートしている選手がどの能力が長けていて、どの能力が苦手なのか、をこういった視点で見てあげると日々のトレーニング内容もそれぞれにあった内容になっていくと思います。

もちろんプラスアルファで、年齢も考慮しなければいけません。成長曲線のどの時期なのか。これも非常に重要です。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

体のケア、conditioning、トレーニングやピラティス等、ご要望があれば気軽にご連絡ください。

Facebookはこちら↓   メッセージ、友達申請お待ちしております。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100002793640406

テニスについて本気で学んでみる

こんにちは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

今回のブログは僕の独り言です。

 

中学生の時に兄の友人から誘っていただいて、なんとなく始めた『テニス』。当時はただ楽しくて高校になっても続けました。専門学校に入ってからも、社会人になってからも時々テニスをしていました。

学生の頃から含めてテニスをしている中で怪我なんてしたこともなかったし、練習中や試合中に足がつるなんてことは一度もなかった。特段、毎日トレーニングや体のケアを行なっているという意識もなかった。練習前後の簡単なストレッチだけは欠かさず行なっていたけど。

現在、理学療法士になりご縁があって昨年からテニスの愛好家やジュニアの強化クラスの子たちのトレーニングや体のケアに携わらせて頂いている。その中で何が一番驚いたかというと、ジュニアに限らずみんな体が硬い。これは簡単にいうと柔軟性がないということ。テニスはバレエの方みたいに体がめちゃくちゃ柔らかくないといけないか、という意味ではないのだけど。

成人の方は基礎筋力はある程度あるが、普段から体を動かす習慣がなくテニスで体を動かすという考え。なんだけど、テニスをする前のウォームアップが不十分、テニス後のケアが不十分で様々な障害を起こしている方が多い。

ジュニアに関しては、基礎的な筋力、柔軟性がないケースが多い。例えば、しゃがみ込みができない、片足でスクワットができないなど。

みんなが楽しくテニスできるように、歴史や近代テニスの動向、トレーニングやメンタルなど含めて『テニス』について本気で学んでみようと改めて決意しました。

まずはこの本を読んでみます

 

f:id:pt-tatsuya:20180212164959j:plain

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

体のケア、conditioning、トレーニングやピラティス等、ご要望があれば気軽にご連絡ください。

Facebookはこちら↓

www.facebook.com

テクニカ・ガビラン

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

 

行ってきました!ガビランの講習会。

以前から周りの方にお借りして使用していましたが、講義を受講するのは初めてでした。活動報告をしたいと思います。

 

 ①ガビランとは?

 ②ガビランのメリット

 ③赤い斑点

 ④禁忌

 

①ガビランとは?

アラ、ガラ、ピコの3つのステンレス製の器具で軟部組織をモビライゼーション(Instrumented  Soft  Tissue  Mobilization : ISTM )、徒手療法、物理療法、そして機能的な運動療法を含む治療システムを指します。

簡単に言うと、器具を用いて筋膜の正常な動きを阻害するコラーゲンの癒着をリリースします。

とても軽いタッチでリリースできるので施術者側の負担も大きく軽減します。現在、プロ野球選手のケアにも使用されているそうです。

f:id:pt-tatsuya:20180207232404j:plain

写真の左からアラ(翼)、ガラ(爪)、ピコ(嘴)

 

 

②ガビランのメリット

器具を用いることで、手では感じることのできない癒着を感じる・発見することができます。また、今回のセミナーで動きの中でリリースすると寝転んでリリースするよりも効果が大きく実感できました!

f:id:pt-tatsuya:20180207232544j:plain

単純に関節を動かしながらでもいいし、スポーツや何か痛みのある動作があるなら、その動きの中で使用することもできます。

 

③赤い斑点

ガビランで施術していると赤い斑点が現れることがあります。ガビランでリリースしているとゴリゴリした感触の場所があります。ここがコラーゲンの癒着なのですが、詳細には癒着している部位に微細損傷を起こし、軟部組織内において線維芽細胞を増殖させるため、その微細損傷を起こした部位が結果的に赤くなります。

 

④禁忌

・解放創・血栓静脈炎・癒合していない骨折・コントロールされていない高血圧・感染による炎症・血腫・骨髄炎

*基本的に急性期には患部に直接しないで、遠隔でリリースするため急性期でも慢性期でもある程度は対応可能です。

 

今回、ガビランのセミナーを受けてconditioning、治療の武器が一つ増えました。いろんな場面で使えそうです。日本でまだあまり持っている方はいないそうです!

体験したい方はぜひ!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

体のケア、conditioning、トレーニングやピラティス等、ご要望があれば気軽にご連絡ください。

Facebookはこちら↓

平山達也 | Facebook

ウォームアップの必要性と目的

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

 

ウォームアップと聞いて何を思い浮かべますか?

多くの方が、「運動前の準備にすること」とざっくりした感じで捉えているのではないでしょうか?ウォームアップにも目的があり、目的達成のための手順が存在します。

僕はジュニアのトレーニングサポートに携わらせていただいていて、試合も観に行きます。会場で「アップした?」と聞くと「バッチリです」という返事をもらうことが多いのですが、本当にバッチリなのか?という疑問。

彼らからすると試合前に足を動かして準備してますよ。ってとこなのですが、

僕からすると不十分なのです。今回は「ウォームアップ」について説明したいと思います。

 

【そもそもウォームアップとは?】

ウォームアップはトレーニングや運動、試合前に行います。筋肉の温度を高めて筋肉が目的の運動の際にしっかり働きやすくするのが目的です。筋肉の温度を高め筋肉の反応レベルが上がると

・高いパフォーマンスを発揮できる

・怪我の予防ができる

また、メンタルの調整にも役たちます。

 

 

【ウォームアップの効果】

⑴筋肉の温度を高める

これが最大の目的です。筋肉の温度を高める。簡単に説明すると筋肉の温度が高まることで各組織で酸素が使われやすくなります。酸素が各組織に運ばれ使われることで、筋肉がスムーズに伸び縮みできるようになる。よって高いパフォーマンスにつながります。この筋肉の温度を上げる方法は様々ですが、誰かにやってもらう(超音波やマッサージなど)のではなく自分で動く(ランニングやバイクなど)方が望ましいと言われています。

 

⑵可動性を高める

⑴の効果で筋肉が伸び縮みしやすくなることで関節の動きが良くなります。不十分な状態で急に運動を行うと、痛めてしまう可能性があるので注意です。

 

⑶心肺機能の準備

安静から急に運動をすると心肺機能が追いつかないので、ウォームアップで徐々に体に負荷をかけていくことが望ましい。

 

⑷各競技の準備

これは「予備運動」と言われており各競技の特徴的な動きを本番をイメージしながら行うことで本番で体が動きやすくなると言われています。野球なら素振りやキャッチボール、サッカーならドリブルやパス、テニスならストローク・サーブの素振りや足のステッピングなど。

 

⑸自身のコンディションのチェック

その日の天候や気温、コートの状態で自分の体がどんな状態かを体を動かすことで確認することができる。

 

⑹メンタルの調整

緊張している体を、動かすことによって緊張を和らげる効果がある。試合は交感神経を優位に働かせていく。

 

【ウォームアップの手順】

ポイントは「方法論」ではなく「目的」を意識することが大事!

では手順としてご紹介して行きたいと思います。

①縄跳びやジョギング、バイクなど

→5〜10分程度で軽く会話をしながらできる程度の負荷で行う。

 

②ストレッチ(静的な)

→静的なストレッチは諸説あり、パーフォーマンスの低下を引き起こすとの研究もありますが、結構な時間ストレッチした場合なので、試合前は緊張している筋肉に軽く静的なストレッチをしてあげてもいいです。

 

③ストレッチ(動的な)

→今ではほとんどのスポーツで実施されていますが筋肉を動かし、関節を曲げ伸ばしや捻ることで筋肉や腱を引き伸ばし、筋肉が伸び縮みしやすい環境を作る。実際の競技で必ず使う筋肉に刺激を入れて上げる。

(例)タッピングやアンクルホップ、スキージャンプなど

 

④競技別の運動

→実際の競技に近い動きを入れていく

(例)ワニ歩き、ファンクショナルアップなど

f:id:pt-tatsuya:20180130225444j:plain

 

f:id:pt-tatsuya:20180130225731j:plain

 

いかがでしたか?少しウォームアップ見直してみませんか?試合でのパフォーマンスが上がるかもしれません!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

成長期の体作りについて

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

本日はスキャモンの成長発育・発達曲線についてです。

ご存知でしょうか??

ぜひ、クライアント本人または家族さんに見て欲しい内容です!

 

なぜ、同じ年齢で能力に差があるのか?

伸び悩んだり追い抜かれたりするのか?

どうすれば順風満帆な競技生活を送れるようになるのか?

ぜひ、一読ください!

 

 

まず、*ゴールデンエイジ* について

・5歳〜10程度の低年齢で一番神経系が発達する時期

・一番いろんな動作を覚えやすい時期です。なので、しっかりトレーニングや練習をするとスキルがぐっと伸びる時期です。

これは根拠があって、その根拠になっているのが「スキャモンの成長曲線」です。

f:id:pt-tatsuya:20180121002815g:plain

縦軸が発育量、横軸が年齢となっています。それぞれの曲線の解説です。

・神経系型(脳、脊髄、視覚器、頭径)
リズム感や体を動かすことの器用さを担う。出産直後から急激に発達し、4,5歳で成人の約80%にも達します。一番早く成長していきます。

 

リンパ系型(胸腫、リンパ節、同質性リンパ組織)
免疫力を向上させる扁桃、リンパ節等のリンパ組織の発達です。
生後~12,13歳頃までにかけて急激に成長し、大人のレベルを超えますが、思春期すぎから大人のレベルに戻ります。

 

・一般型(全身の計測値(頭径を除く)、呼吸器、消化器、腎、心大動脈、脾、筋全体、骨全体、血液量)
一般型は身長・体重や肝臓、腎臓等の胸腹部臓器の発育を示します。
特徴は幼時期までに急速に発達し、その後は次第に緩やかになり、二次性特徴が現れる思春期に再び急激に発達します。思春期以降 に再び発育スパートが見られ大人のレベルに達します。

 

生殖器系型(睾丸、卵巣、副睾丸、子宮、前立腺など)
生殖器系型は男児の陰茎・睾丸、女児の卵巣。子宮などの発育です。
小学校前半までは僅かに成長するだけで、14歳あたりから急激に発達します。生殖器系の発達で男性ホルモンや女性ホルモン等の 性ホルモンの分泌も多くなります。

 

 

これをテニスに関して考えると

14歳の時点で「フィジカル」「メンタル」「スキル」の完成度はプロを100%とした場合、フィジカル40%、メンタル20%、スキル80%という報告があります。

これを「スキャモンの成長曲線」と照らし合わせると

スキル:体の使い方→神経型 14歳の時点でほぼ完成されています。

f:id:pt-tatsuya:20180121004232g:plain

フィジカル:筋肉や内臓 →  一般型 成長期の途中。まだ完成されていない

メンタル:グラフにはありませんが、ジュニアの14歳前後の時期にはまだまだ完成しません。

 

よって、それぞれの年代で各型の発達速度が違うので、年代でやることを変えた方が良いのです。

低年齢(〜12歳)で神経型が急成長する時期(ゴールデンエイジ)は「正しい動き」「ボディーコントロール」の二つがないとスキルの向上が難しい。もちろん、コート上でボールを打つことも大事です。

12〜15歳は有酸素運動を中心に心肺機能の向上を。

15歳以上はストレングスを。個人によって差はありますが。

 

上記は年齢で覚えるのではなく発達の順序で覚えてください!

まとめると、

最初は神経系→ボディーコントロール

成長期は一般型→有酸素運動の心肺機能。少しきつい感じの運動です。

成長期過ぎ→ストレングス

 

しかし、上記はあくまでも理想です。本来は様々な運動を低年齢の時に経験させてあげたいし本人も集中できないと思いますが、統計的には一つのスポーツに絞って練習してきた選手が圧倒的に多いと言われています。

 

本日はここまでにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

トレーニングの必要性

こんにちは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

本日はトレーニングの必要性について。

僕は現在、中学生のトレーニング指導に毎週(ほぼ)介入する機会を頂いています。

 

彼らからすると「なんで筋トレするの?しんどいのに」や「テニスを習いに来てるのに」など感じていると思います。もちろん、お金を払って「テニス」を習いに来ているんだけど、「テニス」の練習に一生懸命で体を作ることを大事にしていない子が多い。

というか、本人達はわからないから周りの人が教えてあげる必要があんだけど。

 

僕たちトレーナーは『パフォーマンスピラミッド』という考え方が根本にあります。

これです

 

f:id:pt-tatsuya:20180114161338j:plain

 

書籍によって多少の違いはあると思いますが、

ピラミッドの土台である部分「Movement:可動性や安定性」がしっかりあるからこそ、その上の「Performance」や「Skill」がうまく働きます。

トレーニングではこの基礎の土台部分を中心に作っています。ラケットを持ってボールを打つような「Skill:技術」は土台があってこそなのです。

要するにテニスをうまくなりたいのであれば、ひたすらボールを打つだけでなくて、体作りも必要だよ。ってことです。

【例】

テニスのストロークが安定しない。下半身の筋力や可動域の低下があり、踏み込む時や踏ん張る時に足がグラグラしてしまう。よって、打点が定まらず、ショットが安定しない。

極端ですが、このようなジュニアがいた場合、ボールを打つ練習を何回もするよりもまずは足がグラグラしないように下半身の力をつけようよ!ってなります。

下半身の筋力をつけることで、ショットが安定し、テニスの技術が上がってくるのです。

だけど、ボールを打つ練習ばかりだとこのパフォーマンスピラミッドが逆三角形になってしまいます。土台が小さく不安定になれば上部は不安定になります。

 

なので、ボールを打つ練習はもちろん大事なんだけど、体を作るトレーニングも同じくらい大事なんです。

あけましておめでとうございます!

こんばんは!

更新が遅れてしまい申し訳ございません。

 

今年度のblogは自身が学んだことやテニス関係の皆さに有益な情報を提供できるようにアップしたいと思います!アウトプットの場にしていきたいと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

f:id:pt-tatsuya:20180104210516j:plain

*写真は昨年12月にフィンランドで観たオーロラの写真です