理学療法士/トレーナー 平山 達也のブログ

楽しくテニスをしたいあなたに有益な情報を提供する理学療法士tatsuyaのブログ

PHI pilates JAPAN FESTA2018 に参加して

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山です。自己紹介はこちら

 

2018年10月6日、7日『PHI pilates JAPAN FESTA 2018』に参加してきました。

今年は創始者のルビィ氏が急遽来日できなくなってしまい、講演を聞くことが出来なかったのは素直に残念でしたが、PHI pilates JAPAN 代表の桑原さんの話を聞くことが出来ました。アメリカの状況や国内のこれからの動向について聞くことが出来ました。

これからは「ウェルネス」がキーワードになりそうです。某大手会社もウェルネスの事業部を莫大な予算で作るそうです。

 

また堀江さんの本にもあり、桑原さんも仰っていましたが、やはり特色をつけて行くことが大事だと。『PHI pilates × 〇〇』。僕の場合は、〇〇が理学療法士 となりますが、それでも個人的にはまだまだ足りないと感じています。

『pilates × 理学療法士 × メンタルトレーナー』をまずは目指します。

基調講演の報告でした。

その他にも今回たくさんのことをinputしたので、ブログという場でoutputしていきます。

 

f:id:pt-tatsuya:20181009011231j:plain

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookはこちら

フォロー、友達申請お持ちしております!

身体のケア、パーソナルトレーニング等いつでもご連絡ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

決意表明というか、なりたい自分

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山です。自己紹介はこちら

 

 

今回、決意表明じゃないですが今年と来年一年かけて学ぶことを宣言しようかと。

『メンタルトレーナー』になります。

僕は現在「理学療法士」の国家資格を持っていてスポーツの現場に携わらせて頂いています。テレビを見ていても最近よく「メンタルが弱い、強い」という表現をよく聞くようになりました。ジュニアの試合を観に行ってもメンタルが安定しないと思う場面は多々あります。もちろん、年齢的にも大人に比べて未熟な部分は多いと思います。

子供から大人にかけて「メンタル」をどうにかしたいな〜と思う場面は多く経験してきましたが、実際どうして良いかがわからないというのが現状です。

どうしたらいいかわからないし、紹介できるメンタルトレーナーなんていないし・・・メンタルトレーナーという存在自体聞かないし・・・

ということで、自分がなることにしました。「メンタルトレーナー」

理学療法士として身体のことやトレーニングのことをカバーして

メンタルトレーナーとしてメンタル部分のトレーニングを出来るようになります。

 

フィジカルなのかメンタルなのかも評価できるようになり、クライアントにあった方を提供できるようになります。

正直、フィジカルのトレーニングであれば理学療法士でなくてもATやCSCSなどの資格で現場で活躍している方は多数います。

しかし、メンタルトレーニングを提供している方は極少数です。ましてや、フィジカルに加えてメンタルをみれるとなると更に数は減ります。なので、僕はその少数の中に飛び込むことにしました。もちろん、自己投資です。メンタルトレーナーとしてご活躍している方に学びます。

考えるだけでワクワクするし、講座が始まるまで待ち遠しいですが・・・

沢山の選手の力になれるように頑張ります!

 

僕は

フィジカル&メンタルのサポートをできる理学療法士になります!!

っていう決意表明でした。笑

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookはこちら

フォロー、友達申請お持ちしております!

身体のケア、パーソナルトレーニング等いつでもご連絡ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ピラティス/Pilates について

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山です。自己紹介はこちら

本日は「pilates」について発信したいと思います.

f:id:pt-tatsuya:20180617175837j:plain

pilatesというとどんなイメージでしょうか??

恐らく聞いたことがない!何それ??という人もまだまだ多いのではないかと思います。

『pilates』は「運動学習」だと僕は考えています。それは違うんじゃない?という方もいると思いますが、パワーハウスを効かせながら四肢を動かす。身体の使い方を再学習する。という認識で使っています。

 

そもそも、なぜ理学療法士の僕がpilatesを使うのか。一言で言うと、「使いやすい」と思ったからです。pilates自体がリハビリのために考案されたメソッドだから、とても理解しやすかったし、使いやすかった。

f:id:pt-tatsuya:20180617180459j:plain

考案者のピラティス氏の言葉です↓

f:id:pt-tatsuya:20180617180724j:plain

僕自身、リハビリの一つに取り入れてみて、個人差はありますが一回のセッションで姿勢が変わる方もいますし、数回のセッションで変化する方もいます。何より、僕がpilatesを使う理由は「横になるスペースさえあればどこでも出来る」からです。もちろん、イクイップメント(リングやリフォーマーなど)を使うとより効果が出ると思いますが、マットエクササイズだけでも効果はあります。

 

また、こちらが徒手でクライアントに〇〇が硬いですね〜と伝えても、そうなんですか?というようなパターンになってしまいますが

pilatesを通して一緒に体を動かすことで身体の筋力や可動域の左右差や弱化している部分があると言うことに「気づき」を与えてあげやすいのもメリットだと思っています。

「気づき」を促すことは、クライアント自身に「自分でやろう」という思いを持ってもらいやすいから、「気づき」はとても大事にしています。

pilatesの対象としてはジュニア〜高齢者まで幅広い年齢で可能です!

実際、テニスのトレーニングの一環にも取り入れたり愛好家の方や高齢者のリハビリにも取り入れています。

 

f:id:pt-tatsuya:20180617183013j:plain

まとめると・・・

*pilatesはリハビリが起源になっているメソッド

*pilatesは運動学習

*どこでもできる

*幅広い年齢層に対応できる

*気づきを持ちやすい

 

興味があればみなさんも一度pilates受けてみてください!!

健康のため!トレーニングの一環として是非!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookはこちら

フォロー、友達申請お持ちしております!

身体のケア、パーソナルトレーニング等いつでもご連絡ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

メンタルブロックについて

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山です。自己紹介はこちら↓

改めて自己紹介 - 理学療法士/トレーナー 平山 達也のブログ

 

本日は「メンタルブロック」についてです。

メンタルブロックとは自分の成功や目標達成を邪魔するパターンやクセのことを言います。これには個人差があり個人の環境や周りの人によっても影響されてしまいます。

 

【メンタルブロックの種類】

1:プライド

 人からどう思われるか。すごいと思われたい。恥をかきたくない。失敗したくない。完璧主義。スポーツ選手でいうといつもどこか痛いという選手。もちろん、外傷等によって痛みを感じている場合もありますが、心理的に痛みは逃げ道になります。痛みがあるから100%の力じゃなかった。という感じです。

 

2:変化への恐怖

 人間には恒常性があります。ホメオスタシスといって常にバランスを保とうとする機能です。これは身体に現れますが、心理的にも現れます。変化が嫌で今の環境が一番だと思ってしまう。子供が遠足の前に熱を出してしまうのもこの作用が原因ではないかと言われています。

 

3:マイナスの設定や思い込み

 a:マイナスなジンクス

 b:おきまりの失敗パターン

 c:妙な決め事

 これも非常に多いのではないかと思います。自分の中での決まり事や思い込みってないですか?例えば、お金持ちは性格悪い。美人は性格が悪い。など・・・意外と多いですよね?僕の場合だったら、「年末は扁桃炎になる」という設定がなぜかあって年末になると体調を崩してしまいます。これも設定。そして設定したようになるように無意識に行動してしまっています。これはあくまでも無意識のことが多いです。

 

4:禁止令

 禁止令とは幼少期に周囲から言われたことになります。特に親からの影響が大きいかもしれません。「〇〇してはいけない」というパターンが多く、レッテルや刷り込みもそうですよね?「あんたってほんと〇〇よね・・・」など。

 

5:自信のなさ

 ここは一番の問題点。周りにもいませんか?

「だって・・・」「でも・・・」「どうせ・・・」が口癖の人。自分が変わりたいという気持ちがないとどうしようもないですよね?いくらこっちが言っても本人次第・・・みたいな。こんな方は自己肯定感を高めてあげましょう!

メンタルトレーニング『自信の強化』 - 理学療法士/トレーナー 平山 達也のブログ

 

6:トラウマ

などがあります。

 

【解決策】

この中で「3:マイナスの設定」の対処法としてまずは「気づく」ことが大事です。そして、気づいたマイナスの設定やパターン、ジンクスを新しくしましょう。どうなりたいか。どうしたいのか。そして、考えた新しい設定を何度も刷り込みます!!刷り込みができれば、無意識に行動が伴うようになってきます。

 

自分のメンタルと向き合って、気づき、新しいパターンを作っていきましょう!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookはこちら

Instagramはこちら

フォロー、友達申請お持ちしております!

身体のケア、パーソナルトレーニング等いつでもご連絡ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

f:id:pt-tatsuya:20180426233336j:plain

フェドカップ観戦してきました!イギリスに勝利!おめでとう!!

 

 

改めて自己紹介

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山です。

先日、平山さんってリハビリもできるんですか??とパーソナルトレーニングで携わっているクライアントの親御さんにびっくりされました。笑

なので改めて自己紹介

 

理学療法士

PHI Pilates instructor

テニストレーナー

平山 達也です

f:id:pt-tatsuya:20180415235827j:plain

 

ブログを始めた理由は「クライアントのプラスになりたい」からです。

自分が現在まで培ってきた知識や技術、考え方が目の前のクライアントはもちろんですが目の前にいない方にまで届けることが出来ればいいなーと思いました。

ブログ含めて文章能力が低く、正直苦手なんですが・・・ブログを読んでもらった方や自分が携わっているクライアントの皆さんに少しでもプラスになる情報を発信していくことを目標にしています!!

また、自分が書いた記事を悪く言われたらどうしよう・・・なんて不安もありましたが気にすることをやめました。笑

千差万別、みんな色々な考え方があるし、不安があって行動に移さないと誰も得しないなと。それなら少しでも何かを発信することで少しでも誰かのプラスになりたいと強く思うようになりました。

 

このブログでお伝えする内容のテーマは

「メンタルについて」

「疾患について」

「トレーニングについて」

が中心になるかと思います!時々、症例報告やトレーニング報告等も含めて更新していきたいと思います。

 

 

 

僕は

・後悔のない日々を過ごす

・やりたい事/好きなことを仕事にする

・やるときはやる

をモットーに人生歩んでいます。笑

 

理学療法士

訪問看護ステーションからの介護保険/医療保険でのリハビリが中心で、多い月で約170件。自費も含めると年間2000件以上リハビリしています。月に一度の介護予防教室やケアマネージャーやヘルパーさんに向けての講習会もしています。

 

【トレーナー】

理学療法士の知識を活かしながら、テニスを中心にトレーナー活動もしています。オンコートでの集団トレーニングから、ジュニアから愛好家の方までパーソナルトレーニングもしています。トレーニングに加えてメディカルケアおまかせください!身体の痛みや違和感、コンディショニング等ご相談いただければと思います。

f:id:pt-tatsuya:20180416005930j:plain

 

【Conditioning Room-S】

CRSの副代表です。2018年7月で5周年を迎えます!!現在は主にセミナー事業で活動しています。コメディカルの間では有名な「アナトミートレイン」の著者トーマス・マイヤーズをお招きした実績もあります。今年度も様々なセミナーを企画しています!ご興味のある方はぜひ覗いてください。

f:id:pt-tatsuya:20180416005849j:plain

新着情報 - CRS セミナー情報

 

と、こんな感じで色々しています。笑

また、何かあるたびに内容をアップデートしていきますのでよろしくお願いします!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookはこちら

Instagramはこちら

フォロー、友達申請お持ちしております!

身体のケア、パーソナルトレーニング等いつでもご連絡ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

メンタルトレーニング『自信の強化』

こんばんは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

本日はメンタルトレーニング「自信の強化」です。

 

以前から気になっていた石津貴代先生のお話を聞いてきました。

というのも、成長曲線でもお伝えしましたがジュニアのメンタルは14歳の時点で20%程度しか出来上がっていないと。確かにジュニアの試合を観に行ってても、イライラしたり、落ち込んだり、自信がなさそうだったり・・・という場面を多々見かけます。

体格には差が少し出ていますが、毎日レッスンに通っているジュニア達が他のジュニアと大きな差をつけるためにはボールを打つスキルを高めるのも大事だと思いますがメンタルを鍛えるのも重要ではないかと僕は思っていました。

そこで、今回メンタルトレーニングを受けてきました。

 

 

先に結論を言うと、ジュニアでもメンタルトレーニングは可能だし、大事だし、結果は出るということ!

f:id:pt-tatsuya:20180303004304j:plain

メンタルは2層から構成されています。その二層とは

・理性(大人):思考、判断、分析etc...

・本能(子供):気分、感情etc...

 

例えば、プロの試合でも試合中イライラしてラケットを投げつける、叩きつけるなどの場面を観ますよね?でも、ラケットを振り上げたけど、留まる場合もありますよね?これは、本能を理性で制御した。と言うことになります。

このように、理性と本能は常に隣り合わせで存在しています。

 

f:id:pt-tatsuya:20180303004221j:plainまた、「自信がない人」と「自信がある人」は考え方が違います。

「自信がある人」は過去の経験を積み重ねてきている現在がOK!今後は◯◯をして◯◯をして・・・と基本的に➕に考えることが出来ます。

「自信がない人」は現在までの過去の経験について「やって当たり前」「みんなやってるから」と否定的です。また、将来を考えた時に「◯◯が足りない」という思考回路に至ります。

 

この思考回路をスイッチさせることが大事です!そのための自信をつけるポイントを6つご紹介したいと思います。

【自信をつける6つのポイント】

1:成長の幅を見る

2:結果だけでなく努力を認める

3:自分との約束を守る(立てた目標を守る)

4:言葉に気をつける(グチを言わない)

5:反省会や思い出し、ネチネチ考えるのをやめる

6:自分の成功や達成、幸せのために行動する(プライド、常識、世間はだめ)

 

以上の6つを気をつけてみましょう!

自信を高める、自己肯定感を上げるために

1日3つ、頑張ったことを挙げてみましょう!

 

自分の頑張りを認めて、褒めて挙げましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

体のケア、conditioning、トレーニングやピラティス等、ご要望があれば気軽にご連絡ください。

Facebookはこちら↓   メッセージ、友達申請お待ちしております。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100002793640406

 

 

本日の一枚:小学生の女の子の評価

f:id:pt-tatsuya:20180303010058j:plain

しゃがみこみが出来ない、しゃがみ込んでも手を上げることが出来ない子が多いです。

コーディネーション

こんにちは。理学療法士/トレーナーの平山 達也です。

 

本日は「コーディネーション」について。

僕ら理学療法の世界では、「協調性」という言葉に置き換えられて「特定の動きを行う時に複数の要素がうまく連動して働くこと」と解釈されています。多いのが神経と筋肉が協調して働くといった具合です。

 

しかし、トレーニングの中でのコーディネーションとは少し違います。1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動学者が考案した理論で、コーディネーション能力を7つに分けています。その7つとは

・リズム能力

・バランス能力

・変換能力

・反応能力

・連結能力

・定位能力

・識別能力

で、スポーツ時にはこれらの能力が複雑に絡み合っています。

 

僕ら理学療法士は、動作を観察して分析し、問題点を見つける。というトップダウンでの評価を訓練しています(中にはボトムアップの人もいます)。

〇〇関節がどうこうで・・・。その原因が〇〇筋の筋力低下で・・・。

みたいな具合です。もちろん、動きを見て分析する能力は必須です。

 

僕も始めはスポーツ中の動作を観察し、分析するのって難しい・・・と思っていました。もちろん、今も難しいと思っています。

しかし、上記のコーディネーションの7つを意識して観察すると非常に観察、分析がしやすくなります。

単純にラリーの動きを見て

バランスはどうか?リズムよくステップ出来ているか?踏ん張っている時に足がぐらついていないか?ボールとの距離感は?

など。

 

7つのコーディネーションを少し具体的に。

あくまでも僕の解釈なので、みなさんと少し違う部分があるかもしれませんがご了承ください。

 

①リズム能力

リズム能力は動くタイミングなどをうまく合わせる能力です。音楽に合わせて踊るダンスなどがそうです。テニスでいうと、打球やポジション移動のタイミングを計ったり、ボールを打つまでの細かいステッピングを含めてリズムよく打つことです。

 

 

②バランス能力

体勢が崩れた際に姿勢をうまく保つ能力です。テニスでいうと、コートの外に追いやられてなんとかボールに追いついた時に姿勢が崩れず保ったまま返球できるか、ということです。

 

③変換能力

ある状況に応じて適切な動きで対応すること。臨機応変に対応する能力です。テニスでいうと、コートの外から戻るときの切り返しや、ネットプレーに出た時にロブを打たれてとっさに戻る時のことです。

 

④反応能力

ある合図に合わせて、瞬時に反応する能力。テニスでいうと、ボールや相手の位置などを把握して適切に反応すること。ドロップショットを打たれたときの反応の速さや、リターンの際の反応のことです。

 

⑤連結能力

身体を無駄なくスムーズに動かす能力。また、各関節の動き等の機能性(骨盤/腰椎の連動性や肩甲骨と上腕の連動性など)も含めると解釈しやすいです。テニスでいうとラケットを振ったり移動する際の動きのスムーズさ。各関節の連動性。バランスに近いところがあります。

 

⑥定位能力

物や人の位置関係または距離感を適切に掴む能力。テニスでいうと、スマッシュの際の落下点に入れるか、打点の位置、ストロークの際のボールと自分との距離感(実際に距離を合わせるのは細かいスッテプワークも必要になるので、リズム能力と一緒に評価します。)。ストロークが安定している、一定の打点で打てるという人は、リズム能力に加えてこの定位能力が長けているのかもしれません。

 

⑦識別能力

視覚情報と連結して物をうまく使う能力。テニスでいうと、相手の位置とボールを動きを判断して適切な位置にボールを返球することや、常にスイートスポットでボールを捉えるといったことになってきます。

 

以上7つがコーディネーションの考え方です。

みなさんも、自分やお子さん、サポートしている選手がどの能力が長けていて、どの能力が苦手なのか、をこういった視点で見てあげると日々のトレーニング内容もそれぞれにあった内容になっていくと思います。

もちろんプラスアルファで、年齢も考慮しなければいけません。成長曲線のどの時期なのか。これも非常に重要です。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

体のケア、conditioning、トレーニングやピラティス等、ご要望があれば気軽にご連絡ください。

Facebookはこちら↓   メッセージ、友達申請お待ちしております。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100002793640406